カードローンの申込資格はどんなものなの?

カードローンを利用してお金を借りたいという方にとって、審査に受かることはとても大事であるといえます。

でももっと大事なこととして、申込資格を満たしているかどうか?ということがあります。

カードローンを申し込む際には、どのような基準があるのでしょうか?詳しくカードローンの申込資格について調べてみましょう。

カードローンの申込資格

一般的なカードローンにおいて、申込資格となるのは3つです。

ただしそれぞれの金融機関によって細かな点は違ってきますので、借入を予定している先の金融機関の公式HPなどでしっかりと申し込みの前に確認するようにしましょう。

①年齢制限

年齢は満20歳以上65歳未満、または70歳未満となっているところが多いです。

残念ながら収入があっても未成年の借入はできません。
法律で20歳以上の人しか、カードローンの契約を結べないことになっています。

ただクレジットカードは18歳から契約することができ、付帯のローンを利用することはできます。しかし未成年の借入はリスクが高いために、カードローンを組むことを避けるか、保護者にお願いして保護者名義での借入をおすすめします。

②本人確認のできる書類があること

本人確認書類として、運転免許証、健康保険証、パスポート等の提出が求められます。
外国人の方であれば在留カードや特別永住者証明書などの別の書類が必要です。

また場合によっては源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書等、所得証明書なども求められることがあります。これらの書類を準備できることも申込資格の一つといえるでしょう。

③収入が安定している

定職について、毎月決まった収入を得ていることもカードローンの申込資格となります。

収入によって、収入に応じた限度額設定がなされます。普通のサラリーマンで過去にトラブルを起こしたことがなく、現在の借り入れもないのであればほとんどの場合は、借入することができます。

最近では“安定した収入”があるのであれば、正社員ではないアルバイトやパートの方でも借入ができるようになっています。金融機関によっては“保証会社の保証が受けられる方”という条件があります。

これは収入が限られていても借入ができるという意味であるともいえます。借りたお金に対して返済する能力があれば申込資格を満たしているといえます。

アルバイトやパートなどの収入が限られた方でも申し込めるカードローンはそれを売りにしたものですので、収入面で不安があるのであればそれらのカードローンを利用することができます。

例外もあるので確認を

カードローンの申込資格は、金融機関によって違いがあります。

たとえばカードローンといえば収入が大事になるというイメージがありますが、最近では例外として主婦をターゲットとしたカードローンなども存在ます。

専業主婦の方は収入がないものの、旦那さんの収入を世帯収入として見ることで旦那さんの同意書付きで借入できるカードローンもあるのです。

このように一般的に言われているカードローンの申込資格は上記に挙げた3つのポイントとなりますが、例外もあるということを念頭に入れて自分に合ったカードローン業者を探してみてください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>