学生のキャッシング この3つの秘訣を知っていれば審査は有利に進められる

学生ほどお金が必要と感じています。ある学生は親からのお金をたくさんもらい学生ライフをエンジョイしますが、ある学生の家庭は経済的にめぐられているとは言えず、親から必要最低限以外は与えられていない人もいます。

頑張ってアルバイトしますがそれでも足りません。このような場合、キャッシングは学生に強い味方となります。しかし学生という立場でキャッシングの審査を通過するには3つの秘訣を知っておく必要があります。これを知らないと社会的信用が高くない学生は審査落ちとなるでしょう。

学生ローンを展開している金融機関に申し込む

お金を貸してくれる場所はたくさんありますが、どこでも同じような審査が行なわれるわけではありません。金融機関によって学生への貸し出しへの見方がぜんぜん違うのです。ある金融会社は「学生=返済能力が乏しい」という見方をしています。

しかし別の金融会社は「学生でもアルバイトしている=十分な返済能力あり」と見ています。ですから学生向けローンを打ち出している金融会社を探しましょう。そうでないところは学生という立場だけで審査落ちとなってしまう可能性があります。

たくさん申し込まない

続いて注意が必要なのは、審査に落ちてしまうことを恐れて何社にも申し込むことです。たくさんの金融会社に同時期に申し込むと確実に審査落ちとなります。

なぜならば、誰が金融会社に申し込みをしたのかという情報は全て信用情報機関に残るシステムとなっているために、金融会社に何社も申し込んでいる人は有注意人物と見るからです。「この人はよほどお金に困って多数社から借り入れをしようとしている。返済の見込みは乏しい」と見られてしまうためです。よって申し込むのは1,2社程度にしておきましょう。

融資希望額は10万円ほどに

最後のポイントは申込書に記入する融資希望額を10万程度にすることです。融資希望額を多く書くとどんな問題があるのでしょうか?金融会社からすると融資希望額が大きいと、もしその学生がお金を返済できなかったときに、それだけ損失も大きくなることを意味します。

しかし融資希望額が10万円程度なら、金融会社は「まだ信用が十分ではない学生という立場ではあるが、10万程度なら焦げ付いてもいい」と判断し貸し出しにGOサインが出るというわけです。これはあくまでも目安ですがアルバイトの場合、年収の1/5が融資希望額の通過ラインと言われています。

つまり月10万円円程度アルバイト収入がある人は見込み年収は120万となります。融資希望額が120万の1/5である24万円を超えていたら確実に審査落ちとなるでしょう。20万ならボーダーライン、10万円ならほぼ確実に審査通過というわけです。

学生キャッシングも信用の積み重ね

上記の3点に注意をすれば、学生でもキャッシングを有利に進めることができます。金融界で最も重要なのは信用の積み重ねです。最初は10万という融資限度額も「借りては期限通りにきちんと返す」を繰り返せば、やがて最大融資額は10万→20万→30万と増えていきます。

最高の信用を獲得できるなら最大年収の1/3まで融資限度額は広がっていくでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*