カードローンで限度額増枠を狙う際に知っておきたいこと

カードローンには限度額というものがあります。

限度額はマックスで借入できる金額のことなのですが、この限度額は増枠することができるのです。

将来にお金がもっと必要となった時に増枠があると、申し込みや審査という過程を通ることなく手間なく借入ができ便利なのです。

ではどのようにして限度額増枠はできるのでしょうか?絶対に必要な条件について詳しく調べていきましょう。

一般的な限度額増枠について

今まで借りたカードローンの利用実績にトラブルがないのであれば、利用者が何も行わなくても金融機関側から増枠してくれることがあります。利用実績にトラブルがない=返済をきちんと行う信頼できる顧客とみなされます。

金融機関も貸し出しを行ってこそ、利子で収入を増やすことができるのです。よって信用できる顧客に積極的に貸し出しを行い、利益を上げたいのです。限度額増枠については、金融機関から電話、ATM利用時などに知らされます。

一般的な限度額増枠を得るために必要な期間

限度額増枠には信用が欠かせません。ですのである程度の期間、金融機関として
も本当にしい用のおける顧客かどうか?ということを確かめる必要があるのです。

必要とされている期間は、新規契約時から6ヶ月以上のカードローンの利用となっています。半年以内の増額はほぼないとみていいでしょう。

金融機関によっては、半年よりも長い期間を判定期間としてとることもあります。増枠金額は10万円ずつであることが多いです。限度額が低いケースは限度額が順調に上がることが多いです。

ただし一般的に収入証明書が必要とされる借入額である50万円(消費者金融)、100万円(銀行)からは、増額はほとんどなくなります。

確認・交渉をして限度額増枠を得る

会社の方針として自動的に限度額増枠を行わない金融機関もあります。

そのために増枠したいケースには契約前に増枠についての確認、または申し込みを行うようにしましょう。限度額は個人信用情報機関の情報によって判断されていきます。

または交渉を行うこともできます。

単純に金融機関の人との交渉となるわけですが、交渉の際にはきちんとした身なりで、増枠の誠実な動機を訴えるようにしてください。また返済のためにできる努力点などを具体的にリストアップしていきましょう。

限度額増枠のために絶対に欠かせない3つのポイント

クリアな利用実績

とにかく信用を作ることを第一に考えてください。クリアな実績を作ることこそが信用につながるのです。

残念ながら滞納が一度でもあったら増額はしてもらえないケースがほとんどです。限度額増枠を狙うのであれば確実に返済をしていきましょう。

他社での借入をしない

他社での借入をすると借りすぎになり返済ができなくなるかもしれないと思われます。増枠を狙う際には増枠を希望する金融機関のみでの借入を心掛けましょう。

本人情報のアップデートを忘れない

結婚、引っ越し、転職などで個人情報は変化していきます。これらの変更があればできるだけ早めに金融機関に知らせることで、信用を得ることができます。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*