もしもの時のためにカードローンを事前に申し込むのはアリ?!

お金というのは急に必要となることもあります。
しかもそんなときに限って備えがなくて困ることもしばしばです。

そんなときにカードローンがあれば便利なのに!と思うことがあるかもしれません。そこで、もしものときに備えてカードローンを作っておくといいと思う方もいます。

もしものときのために事前にカードローンを備えておくことはできるのでしょうか?

もしもの時の備えになる?!

あらかじめカードローンの契約をしておき、急な出費があった時にはそれを利用するという考え方もあります。

確かに急な出費などに対応できるという点から考えると、この考え方は間違いではないといえるでしょう。お金がどうしても必要なのに、借入の申込から融資されるまでの時間を待っていられないというときには、強い味方ともなります。

事前に借入するのはたくさんのステップがある

急な出費に備えてカードローンを作るというアイディアもありますが、借入しようと思ったら多くのステップを踏む必要があり、契約をするだけでも一苦労です。

契約をするまでには、

①申し込み
②審査
③契約

というステップがあります。しかも審査を通過できるかどうかということは保障されていません。

“備えあれば憂い無し”とも言われていますので、事前に備えをしておくこともできますが、ある程度手間と時間がかかってしまうということは覚えておきたいです。

「もしも」の時がいつも、になる可能性もある

もしもの時のために作ったカードローンが、普段から利用するものになってしまうケースもあります。

これではただ借金を作るためにカードローンを作ったといっても過言ではなくなってしまいます。このようにもしもの時のカードローンが思わぬリスクを生んでしまうこともあります。

もしものときに備えてのカードローンは、普段は利用しないようにしましょう。カードローンは習慣化してしまうことがあります。

借りて、すぐに返済するということを簡単に繰り返すようになるのです。最近ではカードローンが以前にも増して身近になってきていることから、ついつい利用してしまうという人も多くいます。

カードローンの便利さに隠れてしまった常習性に十分に気を付けていなければなりません。普段は絶対に使わないように、なかったものとして考えておきましょう。

増額を狙うのであればたまに使わなければならない

利用限度額がもしもの時に備えるための金額として十分ではないと感じることもあるかもしれません。そんなときに覚えておきたいのが、限度額増額です。金融機関が優良顧客と認めると、利用限度額を増やすしてくれることがあります。

はじめ1回目は多くの場合、50万円以下に設定されています。これを増やしたいのであれば、たまに使ってきちんと返済をしなければなりません。

金利のことを考えるとカードローンを利用するのは賢い選択ではありません。年に一度程度の利用でも十分に増額は望めますので、たまに使用して増額しましょう。

別の方法として利用限度額増額申請をすることもできます。半年に1回程度のペースで10万円ごとの増額を申請することができます。収入証明書などを提出する必要が出てくる50万円(消費者金融)、100万円(銀行)までであれば、増額はわりと簡単に申し込むことができます。

即日融資の存在も念頭に入れて!

確かにもしもの時の備えとしてカードローンの契約をしておくのは、間違いではありません。

でも最近のカードローンは即日融資に対応しているものも多く、急な出費にもある程度の金額までは対応できるようになっています。

本当にお金が必要なときになって契約しても、十分に間に合うケースが多いといえます。

ですからカードローンの常習性に陥るリスク、増額のための手間などを考えると、即日融資サービスを利用するほうが手軽であるともいえます。即日融資についても十分に視野に入れておきましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*