どんな書類がカードローンの申し込みには必要なの?

カードローンを申し込むためには、いくつか必要な書類があります。

書類の中にはすぐに準備ができるものもあれば、準備するのに時間がかかるものもあります。

ですのでカードローンの申し込みを行う前にどんな書類が必要か?ということを知ることは、スムーズな借入のためには欠かせないといえます。

そこでここではカードローンを利用するにあたって、一般的に必要とされている書類を調べてみましょう。

本人確認のための書類

どこの金融機関からお金を借りる場合でも、利用限度額に関係なく必要となる書類が本人確認のための書類です。本人確認書類として提出できる書類は以下のものです。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・印鑑証明書
・住民票
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書

などです。

一般的には運転免許証健康保険証が使われています。

手元にあるものですので、特別な用意なしに簡単に提出することができます。金融機関によっては、免許証と健康保険証の両方を必要とすることもあります。郵送などをする場合は本人確認書類の写しで良いことになっています。

収入を証明するための書類

総量規制の対象外である銀行は100万円以下借入、総量規制対象である消費者金融などでは50万円以下の借り入れでは収入証明書は必要ではありません。

これらの金額を超える借入を予定するときには、収入証明書を提出しなければなりません。収入証明書は作成するのに時間がかかったり、役所などに出向く必要がありますので予めカードローンの申し込みの際には準備しておきたいものです。

<給与所得者の場合>

サラリーマン、公務員の方であれば次のような書類を収入証明書として使用することができます。
・源泉徴収票
・所得証明書

源泉徴収については前年度のものが手元にある場合が多いでしょう。それを利用することができます。

または源泉徴収は紛失しても会社に頼めば再発行してもらえます。ただし数日から1週間ほどの作成時間が必要となるケースがほとんどですので、それを念頭に入れてカードローンの申し込みを行いたいですね。

所得証明書は市区町村から発行されるものです。3ヵ月以内に取得したものが有効となります。

<自営業・個人事業主の場合>

自営業者・個人事業主の方は次のような書類を収入証明書として使用することができます。

・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書
・確定申告書の写し

納税証明書は役所での取得となります。3か月以内に取得したものが有効となります。それぞれの金融会社で指定する書類が違ってくることがあります。指定されているものを準備するようにしましょう。

収入証明書が必要ない借入予定額でも収入証明書の提出を求められることも

収入証明書を提出しなくても良い金額の借入の場合でも、金融機関から提出を求められば提出をしなければなりません。審査が進まないからです。

特に銀行での借入を予定している場合は、収入証明書の提出は求められることが多いです。銀行でカードローンを申し込むのであれば、収入証明書について頭に入れておいた方がいいでしょう。

カードローンの申し込みを行う際には、必要とされている書類がいくつかあります。中には取得に時間がかかるものもありますので事前に準備しておくことをおすすめします。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>