みずほ銀行カードローンにはパートやアルバイトなどの人でも申し込むことができるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンには誰でも手軽に申し込むことができるのですが、パートやアルバイトなどの人でも利用することができるのでしょうか。今回はパートやアルバイトなどの人がみずほ銀行カードローンに申し込む場合の注意点などについて、詳しく確認してみたいと思います。

パートやアルバイトなどの人でもみずほ銀行カードローンを利用することはできるのでしょうか?

パートやアルバイトなどの人でも利用条件を満たすのであれば、みずほ銀行カードローンには問題なく申込むことができます。みずほ銀行カードローンの利用条件については、以下のとおりとなっています。

  • 契約時の年齢が満20歳以上66歳未満であること
  • 継続的な安定した収入を得ていること
  • 保証会社による保証が受けられること

雇用形態などについて具体的な規定はありませんので、正社員ではないパートやアルバイトなどの人であっても継続した安定した収入の条件を満たすのであれば申し込みが可能になります。ただし年齢による制限がありますので、未成年者はみずほ銀行カードローンに申し込むことはできません。

自分自身の収入がない専業主婦の場合には、配偶者が上記の条件を満たすのであれば利用限度額30万円までの範囲内で申し込みが認められます。また外国人の場合には、申し込みのためには永住の許可を受けていることが必要になります。

パートやアルバイトなどの人がみずほ銀行カードローンの審査に通過するためには?

みずほ銀行カードローンを実際に利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。パートやアルバイトなどの人がみずほ銀行カードローンの審査に通過するためには、以下のような項目に注意をしてください。

みずほ銀行カードローンの特徴についてはコチラ

勤続年数の条件が重視されます!

パートやアルバイトなどの人がみずほ銀行カードローンに申し込む場合には、審査では特に勤続年数の条件が重視されることになります。みずほ銀行カードローンの利用条件は「継続的な安定した収入を得ていること」となっていますので、パートやアルバイトなどの人が継続した安定した収入を得ていると判断されるためには、ある程度の期間継続して勤務を続けていることが必要になります。

例えば月額30万円の収入を日雇いのアルバイトで得ている人と、週3日コンビニでアルバイトをして月10万円の収入を1年程度継続して得ている人の場合には、後者の方がみずほ銀行カードローンの審査には通りやすくなります。ただし日雇いのアルバイトであっても派遣で働いていて、派遣元となる会社に1年以上登録をしているのであれば、日雇いであっても安定した収入を得ていると判断されるかもしれません。

みずほ銀行カードローンの審査では同じ勤務先に1年以上継続して勤務している人が有利になりますので、パートやアルバイトなどの人にはできるだけ勤務先を変更しないことをおすすめしたいと思います。またパートやアルバイトなどを始めて間もないという人は、勤続年数が1年を超えてから申込むようにすれば審査に通過しやすくなるはずです。

借入限度額は必要最少限度で申し込むようにしましょう!

みずほ銀行カードローンには借入限度額を年収の3分の1に制限する総量規制は適用されませんので、基本的には自由な金額の借り入れを申し込むことができます。ただし借入限度額については申込者の返済能力に基づいて個別に決定されることになりますので、大きな借入限度を希望した場合には審査は厳しく行われることになるのです。みずほ銀行カードローンの審査に確実に通過したいのであれば、必要最少限度の借入限度額で申し込むことをおすすめします。

審査ではクレジットカードの利用履歴なども確認されます!

みずほ銀行カードローンの審査では、信用情報機関に対して情報の照会が行われます。この時には利用者のカードローンの利用履歴が確認されるのですが、さらにクレジットカードや分割払いなどの利用履歴についても確認が行われますので、これまでにクレジットカードや分割払いなどの返済を延滞したことがある人審査に通過することが難しくなってしまうのです。

さらに近年ではスマートフォンなどの携帯端末を分割払いで購入する人が増えているのですが、この場合には月々の返済を通話料金の支払いと一緒に行うことになるため、自分では気が付かないうちに延滞をしてしまうことが多いようです。さらに日本学生支援機構の奨学金を利用している場合には、奨学金の返済についても延滞をしないように注意が必要になります。

これらの支払いを延滞して悪質な利用者だと判断されると、延滞の履歴が信用情報機関に登録されることになります。一度登録された延滞の履歴は5年程度が経過するまでは抹消されませんので、それまでの間はカードローンやクレジットカードや分割払いなどの利用が制限される「ブラックリスト状態」になってしまうのです。ブラックリスト状態が解除されるためには時間を待つ以外に方法はありませんので、くれぐれも延滞などをせずに確実な返済を行うことを心がけるようにしてください。

パートやアルバイトなどの人がみずほ銀行に申し込む際の手順は?

みずほ銀行カードローンにパートやアルバイトなどの人が申し込む場合には、みずほ銀行の普通預金口座を持っているかどうかにより手順が異なります。借り入れ希望額200万円以下であれば、みずほ銀行カードローンには収入証明書なしで申し込むことができます。

パートやアルバイトなどの人の場合には大きな金額の借り入れを申し込むと審査に通過することが難しくなりますので、確実に審査に通過するためには必要最少限度の借入希望額で申し込むようにしましょう。またweb完結申し込みを利用する場合には身分証明ができる書類についても提出を省略することができるのですが、その他の方法で申し込む場合には身分証明書として運転免許証健康保険証などを準備することが必要になります。

みずほ銀行の普通預金口座を持っている人の場合には?

みずほ銀行の普通預金口座を持っている人の場合には、web完結申し込みを利用することができるかもしれません。公式ホームページの普通預金口座を持っている人を対象とした申し込みボタンから申し込みフォームを開いて、必要な情報を入力して送信してください。送信の前には必ず入力した情報を再確認して、入力ミスや間違いなどがないかどうかをしっかりと確認しましょう。

入力ミスや間違いなどがあると審査には余計な時間がかかってしまいますし、悪質な虚偽の申請だと判断されると審査に落ちてしまうことになりますので、くれぐれも正しい情報を正直に申告することを心がけてるようにしましょう。申し込みが完了するとすぐに審査が開始され、その後審査の結果が通知されます。審査に通過することができたら契約の手続きを行えば、みずほ銀行カードローンの利用が可能になります。

みずほ銀行の普通預金口座を持っていない人の場合には?

みずほ銀行の普通預金口座を持っていない人の場合には、公式ホームページの普通預金口座を持っていない人を対象とした申し込みボタンから申し込みフォームを開いて、必要な情報を入力して送信してください。みずほ銀行の普通預金口座を持っていない人は、みずほ銀行カードローンへの申し込みと同時にみずほ銀行の普通預金口座の開設を申し込むことが必要になります。まずはカードローンの審査が行われ、カードローンの審査に通過した場合には口座開設の手続きが行われますので、口座だけが開設されてカードローンの利用はできないということはありません。

みずほ銀行カードローンの審査は最短即日で完了するのですが、普通預金口座が開設されてキャッシュカードが郵送されるまでには1週間程度の期間が必要になりますので、みずほ銀行カードローンをできるだけ早く利用したい人には店頭窓口に足を運んで直接申し込む方法がおすすめです。あるいはインターネットから申し込みをして、その後店頭窓口に足を運んで普通預金口座の開設を申し込むという方法などについても検討してみてください。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。