みずほ銀行カードローンでは学生の借入れ申込みにも対応!

みずほ銀行カードローンは、エグゼクティブプランとコンフォートプランの2種類のプランを提供しています学生の利用も可能なカードローンです。低金利で利用できるみずほ銀行カードローンは、学生のニーズにもピッタリのカードローンだといえるでしょう。今回は学生がみずほ銀行カードローンを利用する場合の注意点について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

エグゼクティブプランとコンフォートプランの特徴について紹介

みずほ銀行が定める利用条件を満たすことが必要になります!

みずほ銀行カードローンは学生でも利用することができるカードローンなのですが、実際に利用するためにはみずほ銀行が定める利用条件を満たすことが必要になります。みずほ銀行カードローンの利用条件は以下のとおりです。

  • 契約の時点において満20歳以上66歳未満であること
  • 継続的な安定した収入を得ていること
  • 保証会社による保証が受けられること

学生がみずほ銀行カードローンに申し込む場合には、特に年齢の条件収入の条件が重要になります。未成年の学生はみずほ銀行カードローンに申し込むことはできませんし、また自分自身の収入がない学生の場合にも同様にみずほ銀行カードローンに申し込むことはできません。パートやアルバイトなどによる収入があれば自分自身の収入として認められますが、一方で親からの仕送りや奨学金などは自分自身の収入とは認められないのです。「パートやアルバイトなどによる自分自身の収入がある20歳以上の学生」であることが、みずほ銀行カードローンへの申し込み条件だと考えてください。

学生がみずほ銀行カードローンの審査に通過するためには?

みずほ銀行カードローンを利用するためには、審査を受けてこれに通過することが必要になります。学生がみずほ銀行カードローンの審査に通過するためには、どのようなポイントに注意をすればよいのでしょうか。

パートやアルバイトなどの勤続年数が長ければ審査では有利になります!

みずほ銀行カードローンでは担保や保証人なしで、申込者の信用に基づいて融資を行うことになります。審査では特に返済能力が重視され、具体的には申込者の勤続年数や雇用形態や年収の額などが確認されるのです。学生の場合にはパートやアルバイトなどによる収入に基づいて借り入れを申し込むことになるのですが、この時には同じ勤務先に長期間勤務していることが有利に判断されます。

勤続年数が長い人の場合にはその後も継続して勤務を続ける可能性が高くなりますので、カードローンで借り入れを利用しても確実な返済が可能だと判断されるのです。一方でパートやアルバイトなどによる収入が多い人であっても、勤続年数が短い人の場合には審査では不利になります。その後仕事を辞めてしまう可能性があるため、安定した収入を得ているとは認められないのです。

優良な利用履歴(クレヒス)があれば審査では有利になります!

さらにみずほ銀行カードローンの審査では、信用情報機関に対して情報の照会が行われます。信用情報機関は金融機関が共同で管理しているデータベースであり、利用者のカードローンなどの利用履歴が登録されているのです。確実な返済を行った利用履歴があれば審査では有利になりますし、一方で延滞などの履歴があれば審査では不利になります。

優良な利用履歴があればみずほ銀行カードローンの審査では有利になるのですが、初めてカードローンに申し込む人はクレジットカードの利用履歴(クレヒス)に注目しましょう。カードローンの審査ではカードローンの利用履歴と同時に、クレジットカードの利用履歴も確認されることになります。少額の利用でも立派なクレヒスになりますので、公共料金の引き落としなどにクレジットカードを利用してみてください。

その他にはスマホなどの携帯端末を、分割払いで購入するという方法もあります。近年では携帯端末が高価になっているため、購入料金を分割払いで通話料金と一緒に支払うケースが増えているようです。こちらも確実な返済を続ければ優良な利用履歴として認めてもらうことができますので、みずほ銀行カードローンの審査では有利に判断されることになります。

みずほ銀行カードローンの審査は、銀行保証会社により行われることになります。カードローンを利用するためには銀行による審査と保証会社による審査の両方に通過することが必要になりますので、特に収入の少ない学生の場合には信用を高めるための工夫が欠かせないといえるのです。みずほ銀行カードローンへの申し込みを検討している学生の人は、まずは優良な利用履歴を作ることから始めてみてはいかがでしょうか。

みずほ銀行カードローンと学生ローンにはどのような違いがあるのでしょうか?

学生を対象としたカードローンといえば、学生ローンを思い浮かべる人が多いかもしれません。学生専用のカードローンサービスが学生ローンなのですが、みずほ銀行カードローンと学生ローンにはどのような違いがあるのでしょうか。

学生ローンについては中小の消費者金融などが提供していることが多く、金利条件や利用限度額などについては通常のカードローンと同じか、あるいは若干条件が劣るようです。中小の消費者金融では返済方法が直接の手渡しか銀行振り込みのいずれかに限られますので、学生の場合には卒業後には手渡しによる返済が難しくなるかもしれません。また銀行振り込みの場合には振込手数料は利用者の負担になりますので、返済が長期化すると手数料の負担が増加することになります。

一方のみずほ銀行カードローンはみずほ銀行が提供するカードローンですから、学生が卒業した後も日本全国で利用することができます。さらに返済は手数料の負担なしで口座振替により行われますので、安心して気軽に借り入れを利用することができるのです。また返済に余裕があれば、みずほ銀行のATMを利用して任意返済を行うことができます。借り入れ元本を減らして早期の完済を目指すことができますので、任意返済の積極的な活用を検討してみてください。

みずほ銀行カードローンと学生ローンを比較してみると、やはりメリットの多いみずほ銀行カードローンへの申し込みが有利だといえるでしょう。学生がカードローンの利用を希望するのであれば、まずはみずほ銀行カードローンに申し込んでみることをおすすめしたいと思います。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。