金融会社からの増額・勧誘電話はこの一言で止めさせる

金融会社からの勧誘電話に困っている人も多いようです。貸金の勧誘電話そのものをすることは法律でも禁止されておらず、正規のそして違法の金融業者から営業電話が掛かってくることでしょう。

どのように断ったらいいでしょうか?勧誘電話をピタリと止める一言シリーズとして名文句を3つ紹介していきます。

「必要ないです。もう電話してこないでください」

当たり前ですがこの一言は効果があります。正規の金融業者は優良なお客様にまたお金を借りてほしいので、連休前などのお金が必要であろうときに勧誘電話、もしくは増額のお知らせという形で電話をかけてきます。

しかし正規の金融会社には決まりがあります。「お客さんからきっぱりと断られたときは、今後、勧誘電話をしない」ことになっています。はっきり勧誘を断り金融会社の勧誘拒否者リストに名前が載れば、その金融会社からの一切の勧誘電話はなくなるでしょう。

「営業許可をとって電話してるんですか?」

正規の金融会社は先ほどの一言で勧誘が止まりますが、違法の金融会社はかまわずに勧誘電話をしてきます。そこで必要なのは彼らの弱点、金融庁に届出をしていないという点を突くことです。

営業許可を取っていない金融会社は「○○ファイナンス」などの金融業者っぽい名前を名乗ることができても貸金業登録番号を述べることができません。たいていの違法業者は取りやすい人からお金を取りたいので、痛いところをつく人への勧誘をやめます。

「これ以上電話してきたら警察に通報します」

中には自分たちはヤミ金であることを隠さずに、以前ヤミ金でお金を借りた人に、またお金を借りるように圧力をかけてくるところもあります。その場合はきっぱりと警察という言葉を口に出して断らないといけません。

彼らの業務は違法ですから、警察の取締りの対象であり、常に逮捕されることを恐れています。ほとんどの違法業者は警察という言葉を出すと電話をやめるでしょう。それでもかけてくることがあれば実際に警察に赴き、かけてきた電話番号を知らせ、「すでに警察に通報した」と伝えます。

電話をかけさせないその他の対策

口で言って分からない相手には物理的に電話をかけられないようにする必要があります。着信拒否とか迷惑電話お断りサービスを利用すれば特定の電話番号からの電話が掛からないようになったり、「現在おつなぎできない状態になっております」というメッセージが業者に流れます。ですが時として自分の電話番号がいわゆるヤミ金業界のカモリストに乗ってしまっていて、一つの違法金融会社の電話を断っても別の違法金融会社から次から次へと勧誘電話が掛かってくるかもしれません。

そのような場合、NTT東日本には便利なサービスがあります。それこそが二重電話番号サービスというもので、迷惑電話が掛かってくる番号は全て留守電になり、もう一つの新しい電話番号を親しい友人に知らせることができます。違法業者はどんな電話番号からかけても何度かけても、留守電にしかならないのでそのうちあきらめるでしょう。二重電話番号サービスを利用しているお客さんには迷惑電話用の電話番号に電話があったことすら通知されません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>