開示請求権とは?

開示請求権とは、個人信用情報センターに登録されている個人情報のうち、本人の情報内容を確認することができる権利のことです。

カード会社が与信審査を行うときには申込者のローン状況などを個人信用情報機関に問い合わせることが普通です。その際に、登録されている個人情報に誤りがあればカード会社はそちらを信用してしまうので、本来であれば問題なく審査に通過できるはずが、なかなかカードを作れなくなってしまいます。

このケースのように思い当たる節がないのにクレジットカードを作れなかったら、誤りがある可能性があるわけですから、開示請求権を行使して自分の情報がどのように登録されているか確認できるのです。

内容に間違いがあった場合は別途、訂正請求権を行使して内容を変更させることが可能です。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。

※ランキングは弊社調べになります。
最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


最短15秒で審査結果を表示、Webで最短60分の融資も可能!※
※21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日振込が可能 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*