消費者金融系で比較

カードローンの利用を決めたとき、数ある消費者金融の中からどれを選べば良いのか悩むことがキャッシング経験の浅い人にはあるものです。

一見、どれでも同じような気もしますが、細かく見ていくと差別化されているもので

「各消費者金融の特徴を知りたい」
「比較するポイントはどれ?」

といった疑問もあるでしょう。そこでここでは消費者金融の特徴を解説し、比較ポイントをひとつずつみていきましょう。

また、職業別の選ぶポイントも併せてチェックします。

この記事を読めば、複数ある業者の中から、あなたに合う消費者金融を選べる知識が身につけられるので、ぜひ参考にしてくださいね。

消費者金融カードローンとは?

まず始めに消費者金融カードローンは利用目的不問のキャッシングサービスです。

生活費に使っても、買い物に使っても自由、まさにお金に困ったときに頼れる存在になります。

各消費者金融は、それぞれ実質年率(金利)、限度額が決められていますがその数値を表にまとめると次の通りです。

主な消費者金融 実質年率 限度額
アコム 3.0~18.0% 800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5~18.0% 500万円
ノーローン 4.9~18.0% 300万円

このように、ほとんどの消費者金融が上限金利18.0%に設定されていますがプロミスだけ17.8%と少々低めになっています。

消費者金融を利用するメリット

カードローンは消費者金融以外にも、銀行からも提供されています。

では消費者金融を選ぶメリットには一体何があるのでしょうか。

消費者金融を利用するメリットとして次の3つが挙げられます。

  • 審査スピード
  • 豊富な申込方法
  • 無利息サービスがある

それぞれについて詳しく見てみましょう。

審査スピードが早い

消費者金融は審査スピードが早く、大手(アコムやプロミスなど)のほとんどは審査が最短30分程度で完了します。

急いでお金を借りたい人にとって審査がすぐに終わるのは非常に魅力的ではないでしょうか。

もちろん審査時間が早ければ即日融資のチャンスもあるわけで、実際に大手消費者金融のほとんどは申込んだその日のうちにお金を借りられます。

豊富な申込方法

消費者金融はニーズに合わせた様々な申込方法を用意しています。

主流な申込方法として次の5つが挙げられます。

  • ネット
  • スマホアプリ
  • 電話
  • 来店
  • 契約機

中でもおすすめなのは24時間365日いつでも申込可能なネットやスマホアプリです。

自分の都合に合わせて申し込めるため、急いでいる方もちろん、時間に余裕のない方、深夜や早朝に申込みをしたい方など幅広い方たちに対応します。

無利息期間サービスがある

大手消費者金融のほとんどは「無利息期間サービス」を用意しています。ただしSMBCモビットにはありません。

この無利息期間中は利息が発生しないため、対象期間中に返済すれば利息を1円も支払うことなく完済できます。

もちろん期間を過ぎて借入しても、期間中の利息分がお得になるので積極的に活用したいですよね。

例えば10万円を金利18%で30日間借り入れした場合の利息は次のとおりです。

10万円×18%×30日÷365日=1,479円

上記の利息も無利息期間中に完済できれば、約1,500円浮くことになります。

銀行カードローンと比較

カードローンを提供しているのは金融機関は、消費者金融だけでなく、銀行も行っています。

そこでここからは消費者金融と銀行のカードローンの場合、どんな違いがあるのか比較していきましょう。

まずはそれぞれの大まかな比較を表にまとめました。

消費者金融 銀行
金利(平均) 4%~18% 4%~15%
限度額(平均) 800万円 500万円
審査時間(平均) 最短30分 3営業日前後
総量規制 あり なし
即日融資 可能 不可能
担保・保証人 不要 不要

このように、銀行カードローンの方が金利が低めに設定されていることが多いのですが、即日融資に対応していない、審査に時間がかかるなどのデメリットも挙げられます。

審査時間が短いのは消費者金融

消費者金融はいずれも当日中に審査結果が出ます。上記でも解説したように審査時間は、早いところで最短30分程度。

銀行カードローンは早くても3営業日、銀行によっては1週間程度の時間がかかることもあります。

急いでお金を借りたい、即日融資を希望する方の場合、審査時間の短い消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

金利が低いのは銀行カードローン

審査に時間がかかる銀行カードローンのメリットは、金利が低く設定されていることです。

借入まで多少時間がかかっても大丈夫だけれど、できる限り、利息を少なく低金利にこだわりたい!という方は銀行カードローンの利用が適しています。

少額の借入なら消費者金融、高額の借入なら銀行カードローン

また総量規制の問題もあり、少額の借入は消費者金融を、高額の借入なら銀行カードローンを選ぶのが良いでしょう。

総量規制とは年収の1/3までしか借り入れできない、という貸金業のルールであり、例えば年収300万円の人は上限100万円までしか借入れできません。

さらに50万円以上の借入を希望する場合は収入証明書の提出が必要となり、これの準備する時間と手間もかかってしまいますね。

ただし適用されるのは消費者金融のみで、銀行は総量規制対象外となっています。

つまり法律上は年収の1/3以上の借入も可能です。

銀行カードローンは金利が低いので、利用期間が長期になりがちな高額の借入に適していると言えますね。

職業別に比較

特徴についてそれぞれ比較をしてきました。

次は職業別に消費者金融を選ぶべきか、銀行を選ぶべきかを紹介していきましょう。

アルバイトの場合

消費者金融、銀行のどちらも申込条件が「安定した収入があればOK」としているため、アルバイトは両方が選択肢になります。

ですが審査の難易度で見るなら消費者金融の方が易しく入手難易度で考えるなら消費者金融の方がおすすめになります。

専業主婦の場合

専業主婦は消費者金融から借入できません。

そのため銀行カードローン一択。

消費者金融が受け付けていない理由は「総量規制」によります。

年収1/3以下しか借入できない=年収が0円だと借入できない、と判断されるので、審査に通ることはありません。

また銀行カードローンも「配偶者貸付」に対応していなければまず審査に通らないので注意を。

配偶者貸付とは、夫または妻の収入を信用してカードローンを発行するサービスであり、当然ながら同意が必要です。

学生の場合

銀行カードローンは、学生利用不可の場合があります。

また学業の傍らにアルバイトやパートで収入を得ているケースがほとんどで年収はさほど多くないでしょうから、銀行カードローンの審査通過は、少し厳しいです。

これらの観点から利用するならば消費者金融が適しているでしょう。

公務員の場合

貸金業において公務員は最もスコアリングの点数が高くなりやすいです。

スコアリングとは申込情報に点数をつけて、審査や借入額を評価するシステムのことであり、リストラされるリスクがほぼなく、常に安定した給与が得られる公務員は貸金業者によって魅力的な顧客になります。

公務員の場合は、高額の利用枠を作ることができるため、低金利の銀行カードローンを目指すのがベターでしょう。ただし急ぎでお金が必要な場合なのであれば消費者金融も検討すると良いですね。

初めて申込むならどこの消費者金融にすべき?

ここまで紹介したように、大手消費者金融はほとんどが即日融資に対応していますし、金利にさほど違いはありません。

となると注目すべきポイントは「サービス面」。

ここからは初めて申込む人におすすめの消費者金融を紹介していきます。

アコム

「はじめてのアコム♪」のCMソングでもお馴染み。

店頭窓口および無人契約機(むじんくん)が多く、利用しやすいカードローンのひとつですね。

初めてアコムに契約する人を対象とした、30日間金利0円サービスも用意されているのが魅力的でネット申込、専用アプリでの申込もOK。

ちなみにアコムの利用者数は2018年3月末時点で148万3,000人と圧倒的!より多くの人たちに選ばれているからこそ初めての方にイチオシです。

アコムのスペックは次のとおり。

審査時間 最短30分
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申込条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する
返済方式 定率リボルビング方式

プロミス

プロミスは金利の上限額を17.8%に設定しているため、他消費者金融よりもちょっとだけ利息がお得になります。

それ以上に注目したいのが「WEB完結申込」による「カードレスキャッシング」です。

スマホアプリを利用することで、セブン銀行ATMからカードレスで借入と返済が可能で財布にローンカードがないときでも気軽に利用できますし、周囲の人たちに利用がバレるリスクもほぼありません。

プロミスのスペックをまとめると次のとおりです。

審査時間 最短30分
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
申込条件 20歳~69歳の安定した収入のある人
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

SMBCモビット

SMBCモビットは2018年オリコン日本顧客満足度ランキング「ノンバンクカードローン1位」を獲得した実績のある消費者金融です。

次の3つの項目が高評価ポイント。

  • 申し込み手続き
  • 審査対応
  • 返済のしやすさ

次の2点が大きく作用しています。

  • WEB完結申込
  • カードレスキャッシング

三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている人はWEB上ですべての申込と契約を完了させることができ、ローンカードの発行なしでもセブン銀行ATMから借入・返済できます。

他消費者金融とは異なり、無利息期間は設けられていないものの、ここまで多くの人たちに高く評価されているのは注目すべき点でしょう。

モビットのスペックをまとめると次のようになります。

審査時間 最短30分
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申込条件 満20歳以上69歳までの安定した収入のある人
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

レイクALSA

レイクALSAの特徴は「選べる2つを無利息期間」です。

次の2つの無利息ローンの中からより有利なものを選べます。

  • 180日間利息0円(50,000円まで)
  • 30日間利息0円

180日間利息0円は借入額の50,000円分まで適用され、50,000円を超える借入に対して利息が発生しますが、180日間という長期の無利息期間が魅力的。

一方の30日間無利息0円は借入額全額に対して適用されます。

またレイクALSAは提携先の新生銀行レイクATMやコンビニエンスストアに設置されている提携ATMの借入・返済手数料が無料なのも嬉しいポイントです。

レイクALSAのスペックは次の表のとおり。

審査時間 最短30分
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
申込条件 満20歳~70歳の安定した収入のある方
返済方式 残高スライドリボルビング方式または元利定額リボルビング方式のいずれかを選択

まとめ

消費者金融カードローンの特徴、比較ポイント、職業別の選ぶポイントについて紹介しましたがいかがだったでしょうか。

要点をまとめると次の3点が挙げられます。

  • 消費者金融は即日融資に対応し、無利息期間が設けられていることがほとんど
  • 銀行カードローンは低金利が魅力
  • 職業ごとに有利、不利なカードローンがあるので必ずチェックすること

「お金を借りたいんだけど、どこにしたらいいのか悩んでいる」
「自分にぴったりの消費者金融カードローンはどれだろう?」

という方は今回の記事を参考に、より使い勝手の良い、便利な消費者金融カードローンを選んでくださいね。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*