カードローンを条件で比較する

カードローンは一枚持っていると急に入用が出来た場合にとても便利です。一口にカードローンといっても現在ではたくさんの種類やタイプのものが出揃っています。これからはじめてカードローンに申込む方にとっては、一体どれが自分のニーズに適しているのか、カードローン選びに迷ってしまいます。

どのカードローンが最も便利かは利用される方によって異なってきます。緊急的にお金が必要なので即日融資に対応したカードローンを探している方もいれば、返済方法にこだわりのある方、そして金利条件の一番良いものを探している方と、カードローンに求める条件は千差万別です。
以下に種類別のカードローンの特徴についてまとめてみましたので、カードローン選びの参考にしてください。

3タイプのカードローン

カードローンといった場合、通常は以下のいずれかを指します。まず第一が銀行カードカードローンは大きくわけて3つの種類があります。まず第一に挙げられるのが最近とみに人気の銀行カードローン、これは大手の銀行をはじめ、地方・信託銀行やオンライン銀行などの銀行及び、信用金庫や農林中央金庫などの系統金融機関が発行するものです。次に従来からある消費者金融のカードローン、最後がクレジット会社や信販会社などが提供するカードローンになります。

カードローン選びでもっとも注目しなければならないのが支払金利、一般的に言うと金利の点でもっとも有利なのが銀行カードローン、以降信販系、消費者金融系の順番になります。金利が低く限度額の高い銀行のカードローンは、それゆえに審査基準がやや高く設定されていることが多いのが特徴です。

カードローン選びのポイントは知名度の高さ、初心者にもおすすめな人気キャッシング紹介!

お金が必要になったときに頼りになるカードローン。

しかしカードローンを提供している銀行、消費者金融は数多く、一体どれを選んだら良いのか悩むところです。

特にキャッシングの利用経験がない初心者の場合

「そもそもカードローンを選ぶポイントって何?」
「自分に合うカードローンを探したい」

といった方もいらっしゃるでしょう。

そこでここではカードローンを選ぶときのポイント、そしておすすめのカードローンを紹介していきます。

この記事を読んで、自分に合ったカードローンの選び方をマスターしてください。 続きを読む

0

即日融資できるカードローン会社に注目、最短時間でお金を借りるための方法を伝授!

急にお金が必要になったとき、頼りになるのがカードローンです。

カードローンの公式サイトを見ると「即日融資」というワードを見かけることがありますよね。

「即日融資の仕組みはどうなっているの?」
「即日でお金が借りられるカードローン会社はどこ?」

ときになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここでは即日融資とは何か、どのカードローンが対応しているのかについて紹介してきます。

この記事を読んで、カードローンで当日中にお金を借りる方法を身につけておきましょう。 続きを読む

0

レディースローンの特徴を詳しく紹介、お金を借りたことのない女性を徹底サポート!

カードローンを利用したいけれど、緊張してなかなか相談できない…という女性の意見を耳にする機会がかなり多いです。

女性にとって男性スタッフに「お金」というデリケートな話をすることに抵抗を感じることもあるでしょう。

そこで各消費者金融で用意されているのが「レディースローン」です。

「レディースローンはどんなサービスなの?」
「お金を借りたことのない女性でも安心して使える?」

といった方々に向けて、ここではレディースローンの特徴、通常のカードローンとの違い、レディースローン各社の比較を紹介していきます。

これからお金を借りようと考えている女性の方は、この記事を参考に、レディースローンの特徴を知ってくださいね。

レディースローンとは?

まずはレディースローンとはどのようなサービスなのかを説明していきます。

特徴は次の3点です。

  • 女性スタッフが対応
  • 利用目的は自由
  • アルバイト、主婦でも申込できる

それぞれ詳しく解説していきましょう。

対応スタッフは全て女性

レディースローン最大の特徴は、対応するスタッフがすべて女性だという点です。

電話や店頭窓口での申込時はもちろん、電話相談からメールのやりとりに至るまですべて女性スタッフによって行われています。

「男性スタッフには相談しづらい…」という女性にも安心ですね。

利用目的は基本に自由

レディースローンの利用目的は基本的に自由です。

用途不問で使えるため、シンプルにお金が必要な時に頼れます。

例えば次の利用目的などがあるでしょう。

  • 買い物
  • 美容
  • 子育て
  • 生活費の足しなど

ただし事業性資金としての利用は認められていませんのでビジネス目的の資金調達は消費者金融または銀行が提供しているビジネスローンを活用してください。

アルバイトや主婦でも申し込める

レディースローンは原則、安定した収入がある方なら誰でも申込めます。

必ずしも正社員である必要はありません。

アルバイトやパートで収入を得ている人なら基本的に問題なく利用できるでしょう。

またいくつかのレディースローンは収入を持たない専業主婦でも申込めるものもあります。

その際は「配偶者貸付」となり、配偶者の年収をベースに申込む形。もちろん同意がなければ申込めないので、パートナーとよく話し合って利用を検討してください。

通常のカードローンとの違いは何?

実はレディースローンは通常のカードローンとサービス内容に特に違いはありません。対応するスタッフが女性に限定されるという点だけが大きな違いとなっています。

つまりカードローンとしての機能自体は変わりなく、あくまでも女性が借りやすい状況を提供するサービスと理解しておきましょう。

「女性しか申込めない」
「女性ならではの特典がある」

といった点はないので覚えておいてください。

人気のレディースローン会社を比較

次は人気のレディースローン会社を比較し、どれがあなたに合っているのかをチェックしてみましょう。

注目すべきポイントは次の3点です。

  • 金利の低さ
  • 借入限度額
  • 無利息期間の有無

無利息期間とは対象期間内は一切金利が発生しない、という嬉しいサービスであり、この期間内に完済すれば利息を1円も支払うことなく、借りた分のお金だけ返せばOKです。

無利息期間終了時から利息のカウントがスタートするので、短期借入にも、長期借入にもお得になりやすい嬉しい内容となっています。

代表的な人気レディースローン各社の金利および借入限度額を表にまとめると次のとおりです。

金融機関 実質年率 借入限度額 無利息期間
プロミスレディースキャッシング 4.5%~17.8% 500万円 30日間
アイフル「SuLaLi」 18.0% 10万円 30日間
アコム働く女性のカードローン 3.0%~18.0% 800万円 30日間
レディースフタバ 14.959%~17.950% 50万円 30日間
ベルーナノーティス 4.5%~18.0% 300万円 14日間

※完済後繰り返し利用可能

レディースローンの注意点

レディースローンは便利なサービスですが、利用するにあたって注意すべきポイントがいくつかあります。

中でも特に覚えておきたい点は次の3つ。

  • 特別なサービスはない
  • 主婦は限度額が少なめ
  • 借り過ぎに注意

それぞれ内容を見てみましょう。

女性限定のサービスなどはない

レディースローンはあくまでも女性スタッフが対応するサービスであり、女性限定のサービスが用意されているわけではないので注意しておいてください。

勘違いされやすい点として次の2つが挙げられます。

  • 金利が低くなる
  • 審査に通りやすい

女性だからといって金利が低くなることはありませんし、審査が易しくなるわけでもありません。

主婦の場合、借入できる限度額は少なめ

レディースローンは専業主婦でも利用できるものがありますが、借入限度額が低めに設定されている点は注意しておきましょう。

お金を借りる以上、延滞することなく適切に返済できる人でなければ審査に通りませんし、無理なく返済できる範囲内でしか借入れできないのは当然のことです。

もし限度額が少ない、もっと多くのお金を借り入れしたい!という方はアルバイトやパートなどで収入を増やすのがベストです。

借過ぎに注意

申込してみたら意外と簡単にお金を借りることができた!とついつい使いすぎてしまうことがないように注意しておきましょう。

コンビニATMなど手軽に借入と返済ができるため、だんだん「借金をしている」という感覚が薄れてしまうことがあります。

当然ですが利息をつけて返済しなくてはならないため、利用頻度が高いほどトータルの支払い額が膨らむのがカードローン。

必要最低限しか借りないようにする、無理のない返済ができるよう計画的な借入を心がけるようにするべきです。

まとめ

今回はレディースローンの概要、特徴、人気会社の比較などを紹介しました。

ポイントをおさらいしてみましょう。

  • レディースローンは女性スタッフがすべて対応してくれるサービス
  • 基本的な内容は通常のカードローンと同じ
  • レディースローンを選ぶときは金利、限度額、無利息期間が比較ポイント

以上3点が挙げられます。

「お金が必要だけれど、男性スタッフだとちょっと相談しづらい」
「レディースローンを考えているけれどどこを選べばいいのか悩んでいる」

といった方はこの記事を参考に、あなたにぴったりのレディースローンを選んでくださいね。

0

無利息期間ありのおすすめカードローンを紹介、利息負担を減らす上手な利用方法を解説!

カードローンのサイトを見ると「30日間無利息」といった文言を見かけることがありますよね。

名前のとおり無利息で借入ができ、利息負担を減らせる嬉しいサービスです。

「無利息期間ありのカードローンはどれが良いの?」
「無利息でどれくらいお得になるの?」

と気になる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は無利息期間のカードローン、上手な利用方法を解説していきます。

この記事を読んで、カードローンの無利息を最大限に活用する方法をマスターし、利息の負担を減らしましょう! 続きを読む

0

カードローンの借り換え先で選ぶべきではない業者の特徴3つを紹介

金利はチェックすべし

複数の借入先のある人で、借金返済のやりくりで苦しんでいる人はいませんか?

そのような人のために、借り換えサービスを行っているところもあります。借金を一本化することで、総額も把握しやすくなりますし、月1回の返済ペースになるので資金繰りで無理をすることもなくなります。ただし借り換え先は慎重に比較する必要があります。

借り換えローンを提供しているところはありますが、あまりお勧めできない業者もあります。そのお勧めできない業者の特徴を、ここでいくつかピックアップしていきましょう。まずは金利が高めの業者です。これはお分かりの方も多いかもしれませんが、利息支払い負担が大きくなるので返済が大変になります。

続きを読む

0

フリーター・主婦でも借りられるカードローン

銀行系カードローンにはパート・アルバイト・主婦などの人でも借り入れを申し込むことができるのですが、主婦の場合には自分自身の収入の有無により若干異なるようです。パートやアルバイトなどによる自分自身の収入のある主婦であれば原則としてすべての銀行系カードローンに申し込むことができるのですが、一方で自分自身の収入のない専業主婦の場合には一部の銀行系カードローンでは申込みは不可とされています。またパートやアルバイトなどの人の場合には、原則としてすべての銀行系カードローンに申し込むことが可能です。次はそれぞれの利用者ごとに、さらに詳しい利用条件などを確認してみましょう。

自分自身の収入のない専業主婦の借り入れは認められない銀行系カードローンがあります!

以下にご紹介する銀行系カードローンについては、残念ながら自分自身の収入のない専業主婦の借り入れは規定により認められません。自分自身の収入がない専業主婦がカードローンの利用を希望する場合には、以下でご紹介する以外の銀行系カードローンへの申し込みを検討してみてください。

カードローンに申し込むためには、いずれも働いて自分自身の収入を得ていることが必要になります。パートやアルバイトなどによる収入のある主婦であれば上記のカードローンにも申し込むことができるのですが、収入のない専業主婦の場合には申し込みは認められないのです。

カードローンの利用の可否は様々な条件により総合的に判断されます!

上記以外の銀行系カードローンにはパート・アルバイト・主婦(専業主婦を含む)でも申し込むことができるのですが、実際にカードローンを利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。カードローンの融資は利用者の返済能力に基づいて行われますので、審査に通過する為にはやはりある程度の収入が必要だといえるでしょう。 ただし少額の借入限度額でも構わないのであれば、パートやアルバイトや主婦などの収入が少ない人でも審査には問題なく通過することができます。カードローンの利用条件は「継続的な安定した収入を得ている人」となっていますので、安定した収入の条件を満たすと判断されればカードローンの利用そのものは認められるのです。(日雇いの仕事の人や単発のアルバイトを繰り返している人などの場合には、安定した収入の条件を満たさないと判断されることがあります。)

パートやアルバイトではどの程度の収入があれば審査に通過できるのでしょうか?

銀行系カードローンの審査にパートやアルバイトなどの人が通過するためには、およその目安としては月収7万円程度が必要になるようです。ちなみに消費者金融系カードローンの場合には、月収5万円程度を得ていることが審査に通過するための目安となっています。 ただし実際には収入の金額だけではなく、利用者に関する様々な条件により融資の可否は総合的に判断されることになりますので、銀行系カードローンの審査に確実に通過するためには月収10万円程度があれば安心だといえるでしょう。 月収が10万円の人は年収が120万円ということになりますので、総量規制による基準であれば最大で40万円の借入限度額が認められることになります。年収が120万円以上であればパートやアルバイトなどの人でも、ほとんどの場合には10万円~30万円程度の借入限度額が認められるはずです。 パートやアルバイトの方でもし消費者金融のカードローンに申込む場合、アコムがおすすめできます。アコムならばパートやアルバイトであっても審査申込みする事が可能であり、安定した収入さえ得ている立場であれば、収入の少ない場合でも審査に通れる可能性は充分にあります。更にアコムは審査申込から融資までのスピードも早いのでそう言った点でもおすすめできます。

アコムならパート・アルバイトでも審査申込可能です

自分自身の収入がある主婦であっても専業主婦として申し込んだ方が有利になる場合があります!

銀行系カードローンには専業主婦でも申し込みが可能であることが多いのですが、専業主婦が認められる借入限度額は最大で30万円~50万円までになります。パートやアルバイトなどによる収入が少ない主婦の場合には、自分自身の収入がある主婦であっても専業主婦として申し込んだ方が有利になるかもしれません。

 

 

フリーター・主婦でも利用できるカードローン比較

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「フリーター・主婦でもできる」ページを作成しました。 続きを読む

0

50万円以上借入可能

今すぐ50万円が必要だという場合には、まずはカードローンへの申し込みを検討してみてください。ただし実際に申し込む場合には「今すぐに50万円を借り入れることができるのだろうか?」「50万円を借り入れた場合には総額でどのぐらいの金額を返済すればよいのだろうか?」などのように、様々な疑問や不安などを感じることがあるかもしれません。

カードローンの多くでは返済方式にリボルビング払い(リボ払い)を採用していますので、月々の返済額は借入残高に応じて変動することになります。思っていたよりも返済総額が増えてしまう場合などもありますので、借り入れを検討する際には返済シミュレーションなどを活用して、月々の返済額や返済総額などをしっかりと確認しておくようにしましょう。今回はカードローンで50万円を借り入れた場合の利息や返済額などについて、さらに詳しくフォーカスしてみたいと思います。

続きを読む

0

返済のしやすさで選ぶ

近年では低金利のカードローンを提供する金融機関が増えているようです。金利はカードローンを選ぶ際の重要な条件であり、低金利のカードローンを選べば金利の負担が減少して有利になるのですが、実際にカードローンを利用する際にはその他の条件についても注意が必要になります。

低金利で利用できるカードローンは一見するとお得で便利に感じられるのですが、メリットだけではなく様々なデメリットなどもありますので、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で慎重に活用するようにしましょう。

低金利で利用できるカードローンでは、月々の返済額が多めに設定されていることが一般的です。月々の返済は最低1万円からとなっていることが多くなっていますし、さらに借入金額が大きくなれば月々の返済額も増えることになりますので、毎月の返済の負担が大きくなり生活を圧迫してしまう可能性があります。低金利のカードローンであっても、月々の返済額が大きくなれば返済は厳しくなってしまうのです。

続きを読む

0

金利の安さで比較

カードローンを選ぶ際には、金利の条件を最も重視するという人が多いのではないでしょうか。実際のアンケートにおいても金利を重視してカードローン選んだという人の割合がおよそ60%で最も多く、さらに安心感を重視して選んだという人がおよそ35%、返済の自由度を重視して選んだという人がおよそ34%と続いています。

カードローンの金利は多くの人が注目している重要な条件なのですが、その詳細についてはよくわからないという人などがいるかもしれません。カードローンの解説では金利だけでなく「利息」や「実質年率(実質利率)」などの言葉を見かけますし、さらにカードローンにも住宅ローンと同様に「固定金利」や「変動金利」のものがあるようです。

今回はカードローンの金利に関する様々な基礎知識や、金利についての詳細などをご紹介したいと思います。低金利で利用できるカードローンを探しているという人は、ぜひとも参考にしてみてください。

金利とはどのようなものなのでしょうか?

そもそも金利とはどのようなものなのでしょうか。まずは基礎知識として、金利とは何なのかについて確認してみましょう。これはカードローンだけでなく借り入れ全般にいえることなのですが、金融機関からお金を借り入れた場合などには原則として金利が発生することになります。

金利は住宅ローンやマイカーローンなどにも発生しますし、分割払いで買い物をした場合などにも同様に発生することになります。また学生を支援する奨学金や生活困窮者を支援する生活福祉資金貸付などについても、金利が発生することがあるのです。

お金を貸してくれる金融機関に対するレンタル料金のようなものが、金利だと考えてみてください。また家族や友人などの間でお金の貸し借りを行う場合にも、法律上は金利を請求することが認められています。(ただし貸金業の認可を受けていない者が、業務として不特定多数にお金を貸すことは認められていません。)このようにお金の貸し借りを行う場合には、それに伴ってほとんどの場合には金利が発生することになります。

それでは金利が10%の条件で100万円を借り入れた場合には、返済の際にはどれだけの金額を支払えば良いのでしょうか。単純に計算すると100万円×10%=10万円ということになるのですが、これは上記の条件で1年間お金を借りた場合の金利(年利)であり、実際に支払う金額は日割り計算によって算定されることになるのです。

ただしカードローンの場合には借り入れた金額は一括ではなく分割で返済を行いますので、毎月の返済を続けていくと少しずつ借り入れ元本が減っていくことになります。借り入れ元本が減少すれば支払いが必要な金利も減少することになりますので、実際に支払いが必要な金額は上記の例よりも少なくなります。

例えば三井住友銀行カードローンが提供している返済シミュレーションを活用して、金利10%の条件で100万円を借り入れて1年間の分割で返済を行う場合を計算してみると、支払いが必要な金利の金額は5万5千円となり、返済が必要な総額は借り入れ元本と合わせて105万5千円になるようです。

実質年率とはどのようなものなのでしょうか?

次は実質年率とは何なのかについて確認してみたいと思うのですが、その前に「利率」「金利」「利子」「利息」などの用語について確認してみましょう。「利率と金利」「利子と利息」については、実質的には同じ意味の言葉として使われています。慣例としてはこれから受け取る予定のお金が「利率と金利」、受け取る側が「利息」、支払う側が「利子」とされていることが多いのですが、実際には利率・金利・利息・利子などは同じ意味の言葉として使われていますので、よくわからなくても特に問題はないでしょう。

次は実質年率についてなのですが、実質年率の「実質」とは具体的には何を意味しているのでしょうか。カードローンを利用する場合には通常の金利以外に、審査の手続きや書類の作成などを行うための費用が必要になります。具体的には審査のための費用・書類を作成するための費用・調査のための費用・保証会社の保証を受けるための費用などであり、実質年率の実質はこれらの費用を意味しているのです。実質年率は、通常の金利に諸費用を加えた支払の総額ということになります。

カードローンにも変動金利と固定金利があります!

変動金利や固定金利と聞くと住宅ローンを思い出す人が多いかもしれませんが、カードローンの場合にも同様に変動金利または固定金利のいずれかが適用されることになります。カードローンの場合には住宅ローンなどに比べると借入額が少額となりますのであまり気にしないという人が多いのですが、特におまとめローンなどで大きな金額の借り入れを利用する場合には、変動金利と固定金利の違いに注意をしてください。

契約時に定められた金利が借り入れから返済まで継続して適用されるのが固定金利であり、一方で景気の情勢などにより定期的に金利の見直しが行われるのが変動金利になります。固定金利と変動金利のそれぞれの平均を比較してみると、通常は固定金利の方が変動金利よりも若干割高に設定されています。ただし変動金利の場合には固定金利とは異なり、その後金利の引き上げまたは引き下げが行われる可能性があるのです。

例えば2016年11月における住宅ローンの金利を確認してみると、固定金利が1.5%であることに対して変動金利は1.0%に設定されています。ちなみに10年前の住宅ローンの金利は、固定金利が3.5%に対して変動金利は3.0%に設定されていました。変動金利では景気が良くなると金利の引き上げが行われ、景気が悪くなると金利の引き下げが行われますので、10年前に変動金利を選んだ人は金利の引き下げにより得をしたことになります。

ただしカードローンの変動金利では、住宅ローンの変動金利と比較すると景気の情勢などによる影響は少なくなりますので、カードローン選びの際にはできるだけ低金利で利用できるものを選ぶようにしましょう。大手銀行や大手消費者金融などが提供するカードローンに適用される金利については、固定金利と変動金利でそれぞれ以下のとおりとなっています。

単一金利が適用されるカードローンは?

  • アイフル
  • SMBCモビット
  • プロミス

変動金利が適用されるカードローンは?

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • 新生銀行カードローンレイク
  • アコム

アコムについては例外となっているのですが、大手消費者金融系カードローンには固定金利が、また大手銀行系カードローンには変動金利が適用されることが多いようです。

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「金利の安さで比較」ページを作成しました。

続きを読む

0